北千住駅東口再開発計画・タワーマンション・駅前広場を設置:足立区北千住駅前地区市街地再開発

北千住駅前東口再開発は、JR常磐線・東京メトロ千代田線・東京メトロ日比谷線・東武スカイツリーライン・つくばエクスプレス「北千住駅」東口に計画さえている駅前大規模再開発・まちづくり計画です。

東京都内の駅の中でも利用者数が多いターミナル駅である北千住駅は、埼玉県や千葉県方面への玄関口として機能をしており、北千住駅から東京都心の各地へ乗り換え利用者が多い駅となり、駅周辺は足立区各地を中心にバスが発着しており、足立区の中心駅となっている賑やかな地域です。

マルイなどの大型商業施設もある北千住ですが、道幅が狭く特に北千住駅の東口は、道路が狭いだけでなく中小規模の雑居ビルが乱立した地域です。そのため、バスなどが乗り入れる駅前広場も駅から数分離れた「東京電機大学」の正面に設置されています。

北千住駅東口再開発計画は、超高層タワーマンションを北千住駅東口すぐの場所に建設し、駅前広場・駅直結のデッキ・商業施設などを設置する計画となり、雑居ビルが集中している北千住駅東口の大規模再開発・まちづくり計画です。

2024年度中には計画をまとめ、再開発を行うための段取りを整える予定となります。

【東京都足立区・常磐線・東京メトロ・東武スカイツリーライン・つくばエクスプレス沿線:不動産開発・不動産投資 参考無料情報サイト】


不動産クラウドファンディングFUNDROP
自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologies】
不動産投資のプロ JPリターンズの無料動画セミナー
スマホで学ぶ資産形成

北千住駅東口再開発計画:足立区北千住駅前地区市街地再開発発足

計画名北千住駅東口再開発計画
所在地東京都足立区千住旭町41ほか
アクセスJR常磐線・東京メトロ千代田線・東京メトロ千代田線・東武スカイツリーライン・つくばエクスプレス「北千住駅」東口徒歩すぐ
建物の高さ約120m
対象敷地面積約5,350㎡
用途住宅・商業施設・子育て支援施設・駅前広場
タワーマンション戸数約400戸
都市計画決定予定2024年12月

東京都内有数の利用者数「北千住駅東口」の大規模再開発計画

足立区北千住駅前地区市街地再開発資料よりイメージ図

北千住駅東口再開発計画は、東京都足立区の中心駅「北千住駅東口」すぐの場所で計画されている大規模再開発・まちづくり計画です。

北千住駅東口に隣接した地域に超高層タワーマンションを設置し、このタワーマンションと北千住駅を直接繋ぐデッキを設置します。

また東口には駅前広場を設置し、駅利用者のための交通広場の整備を行い、周辺道路の交通事情の解消も同時に行います。

北千住駅周辺は道幅が狭く交通渋滞も多い地域となり、特に東口は駅のすぐそばに雑居ビルや住宅が集中するエリアとなり広々とした空間がありません。

それでも北千住駅東口に「東京電機大学千住キャンパス」が2012年に完成し、この大学周辺には広場が整備されましたが、この広場は北千住駅に直結されていない課題がありました。

駅前に超高層タワーマンションを建設し、周辺人口の増加だけではなく街の整備も同時に行う「北千住駅東口再開発計画」は、足立区内でも特に注目される再開発・まちづくり計画となります。

この北千住駅東口再開発計画は2024年12月に都市計画が決定される予定であり、2025年以降から本格的な準備が始まる計画です。

東京都足立区内の再開発計画

東京都足立区は東京都内の中でも特に広い区となり、人口も約70万人が住む東京23区内でも人口が多い住宅街が広がります。

足立区では区内の駅前再開発計画が活発となっており、主要駅である「北千住駅」JR・東京メトロ「綾瀬駅」では超高層タワーマンションの建設、東京メトロ「北綾瀬駅」駅前では大型商業施設「ららテラス北綾瀬」や交通広場(ロータリー)の建設が行われています。

東京都心への交通の便が良いこれらの駅は今後も不動産価値が高くなり、積極的な不動産開発や投資が行われていくものと思われます。

【東京都足立区・常磐線・東京メトロ・東武スカイツリーライン・つくばエクスプレス沿線:不動産開発・不動産投資 参考無料情報サイト】


不動産クラウドファンディングFUNDROP
自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologies】
不動産投資のプロ JPリターンズの無料動画セミナー
スマホで学ぶ資産形成
東京都市レポート:最新情報
NO IMAGE