沖縄鉄軌道計画を2023年度も検討:「那覇〜名護」を1時間で鉄道運行計画

沖縄県は2023年度の予算案で「沖縄県内を運行する鉄道:沖縄鉄軌道計画」の予算案を組んでおります。

運行検討を行う区間は、県庁所在地である那覇市と沖縄県の北部の主要都市である名護市を約1時間で運行する鉄道となります。

沖縄県には戦前には鉄道がありましたが廃止されてしまい、戦後しばらくの期間、鉄道がなく車やバスでの県内移動が主流となっていました。

戦後から沖縄県は鉄道が存在しない唯一の県でしたが、2003年8月10日「沖縄都市モノレール線:ゆいレール」の開業により、沖縄県内で鉄道が復活しました。

しかし沖縄都市モノレール線:ゆいレールのほとんどの区間は那覇市内のみを運行するため、沖縄県全体での鉄道利用が向上したわけではありません。

そこで沖縄県は沖縄県を縦断する鉄道の計画を検討し、2023年度の予算に組み込むことを決定しました。

車を運転できない方の県内移動方法を確保するために鉄道が設置されることは、将来の沖縄県の活性化にとってとても良いニュースとなります。

将来の沖縄県全体の発展のためには、この鉄道計画の実現が期待されています。

【日本国内の新しい鉄道計画は沿線の不動産開発、不動産投資を活性化させます。そのため、下記のような無料サイトから情報を得る方が増えています】

【不動産開発・不動産投資:無料情報サイト】

不動産クラウドファンディングFUNDROP
自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologies】
不動産投資のプロ JPリターンズの無料動画セミナー
スマホで学ぶ資産形成

沖縄鉄軌道計画

計画名沖縄鉄軌道計画
区間那覇市〜名護市
ルート未定
開業時期未定

沖縄県を縦断する鉄道を検討

沖縄鉄軌道計画公式ホームページ動画

【公式リンク:沖縄鉄軌道計画】

沖縄県では2023年度の予算に沖縄県を縦断する「沖縄鉄軌道計画」の計画を引き続き調査することを決定しました。

沖縄県内の鉄道は現状主に那覇市内を通るモノレール「ゆいレール」のみであり、那覇市内やゆいレール終点駅がある浦添市などの方以外には、鉄道利用のイメージはあまりありません。

2023年現在、沖縄県を縦断する鉄道は存在せず、那覇市から沖縄県北部の主要都市:名護市まではバスや自家用車での移動が主流です。

交通渋滞や通行止めが発生した際の県内を移動する手段に乏しく、鉄道を設置することで予算を考えながら、沖縄県内の移動をスムーズにできるかを検討します。

沖縄県は2023年7月に開業するアメリカ・ハワイの「ホノルル・レール・トランジット」を参考に具体的に検討できるよう調査を進めることを決定しています。

【Wikipediaリンク:ホノルル・レール・トランジット】

実は戦前に鉄道があった沖縄県

沖縄県は元々「鉄道がない県」のイメージが強いですが、戦前には鉄道が存在していた県になります。

戦前に廃止をされてしまい、戦後もアメリカの占領下にあったため、日本主導での開発ができない事業がありました。

アメリカ軍基地の大半が現在でも沖縄県にあり、開発を行える土地の制限があることも実態です。

沖縄県唯一の鉄道「沖縄都市モノレール線:ゆいレール」

2023年現在、沖縄県の唯一の鉄道は那覇市内と浦添市内を運行するモノレール「ゆいレール」のみです。

ゆいレールは沖縄県の玄関口「那覇空港」と那覇市中心部を経由し、浦添市「てだこ浦西」駅間を通る鉄道となり、現在では欠かせない那覇市や浦添市の交通手段となっています。

【公式リンク:沖縄都市モノレール線:ゆいレール】

【沖縄都市モノレール線:ゆいレールの駅】

  • 那覇空港駅
  • 赤嶺駅
  • 小禄駅
  • 奥武山公園駅
  • 壺川駅
  • 旭橋駅
  • 県庁前駅
  • 美栄橋駅
  • 牧志駅
  • 安里駅
  • おもろまち駅
  • 古島駅
  • 市立病院前駅
  • 儀保駅
  • 首里駅
  • 石嶺駅
  • 経塚駅
  • 浦添前田駅
  • てだこ浦西駅

沖縄都市モノレール線:ゆいレールの全19駅は県庁所在地・那覇市と那覇市に隣接する浦添市を走行しています。

那覇市内は東京・大阪・名古屋の3大都市圏を除き、最も人口密度が多い都市圏となり、多くの人が密集して住んでおり、車やバスの交通渋滞が課題の街です。

そのため、交通渋滞に影響されない新しい移動手段を検討した結果、モノレール:ゆいレールの建設・開業となりました。

近年はコロナウィルスの社会的影響もあり利用者が減りましたが、年々利用者は増加を続けており、2両編成から3両編成での運行を決定し、2023年現在では3両化に向けた工事を行なっており、2023年度内に3両化を完了させる予定です。

沖縄都市モノレール線:ゆいレールは今回の「沖縄鉄軌道計画」と無関係ではなく、ゆいレールを浦添市:てだこ浦西駅から更に延伸する計画も存在します。

沖縄県の鉄道計画は様々な可能性から模索をされています。

沖縄県には鉄道が必要だった

2003年に開業した沖縄都市モノレール線:ゆいレールの成功により那覇市周辺で鉄道需要があることがはっきりとしました。

人口密度が3大都市圏並みに多く、道が狭く頻繁に渋滞をする街である那覇市周辺の鉄道効果は確実に需要があったと判断ができています。

一方、他の沖縄県主要都市を縦断する鉄道に、本当に需要があるかを検討することは別問題となるため、沖縄県は慎重に確認を行い、将来沖縄県を南北に結ぶ鉄道が必要かを検討しています。

将来の沖縄県の発展にもぜひ鉄道の実現ができることに期待したいです。

【不動産開発・不動産投資:無料情報サイト】

不動産クラウドファンディングFUNDROP
自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologies】
不動産投資のプロ JPリターンズの無料動画セミナー
スマホで学ぶ資産形成

全国の鉄道新線計画へのリンク

沖縄都市モノレール線:ゆいレールの3両編成化工事となります。2023年度中には車両と駅設備の更新が完了し、運行開始の予定です。
東京都多摩地域のモノレール:多摩都市モノレール・上北台駅からJR八高線「箱根ヶ崎駅」への延伸計画です。武蔵村山市に初めての鉄道駅が開業予定です。
多摩都市モノレール線:多摩センター駅よりJR・小田急町田駅方面への延伸計画です。町田市の鉄道空白地帯と交通渋滞の解消を目的としています。
東京都市レポート:最新情報
NO IMAGE