JR本八幡駅前・超高層タワーマンション2棟建設:本八幡駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業

本八幡駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業は、JR総武線・都営新宿線「本八幡駅」前で建設される再開発・超高層タワーマンション計画です。

この再開発計画はJR総武線・本八幡駅北口ロータリーに面した立地となり、各路線への乗り換えもしやすい便利な駅前大型物件となり、駅前の商業施設「パティオ」を含めた一帯の広い敷地が再開発隊長となります。

再開発対象地域には北棟と南棟の2棟が建設され、そのうちJR本八幡駅に近い南棟は高さ160mの超高層タワーマンションとなり、本八幡駅周辺のランドマークとしての機能を果たします。

本八幡駅は千葉県市川市の駅ですが、東京都心までのアクセスに優れており、JR総武線では秋葉原・新宿方面・都営新宿線では、市ヶ谷や新宿、近隣に所在する「京成八幡駅」からは青砥・上野方面などの都内の各地へ乗り換えなしで移動が可能です。

利便性の高いJR本八幡駅前のこのタワーマンション計画は駅前の人気物件として注目され、2027年度に着工、2030年度の完成を目標としており周辺の街の活性化にも期待が集まります。

本八幡駅周辺の不動産開発・不動産投資・住まい情報にも今後注目です。

【千葉県:JR総武線・京成線・都営新宿線沿線:不動産開発・住まいへの情報】






本八幡駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業

まちづくり・再開発計画名本八幡駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地千葉県市川市八幡2丁目6、14、15
アクセスJR中央・総武線各駅停車「本八幡駅」北口すぐ
都営新宿線「本八幡駅」すぐ
京成本線「京成八幡駅」徒歩5分
建物の階数南棟:地上44階・地下2階
北棟:地上21階・地下2階
総戸数約870戸
建物の高さ約160m
敷地面積約9,900㎡
建築面積約6,600㎡
延べ床面積約114,900㎡
駐車場台数約340台
駐輪場台数約1215台
着工時期予定2027年度
完成予定時期2030年度
建設通信新聞参考

利便性の良い市川市本八幡駅前に2棟のタワーマンションを建設

本八幡駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業・イメージ図
本八幡駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業:全体配置図イメージ

本八幡駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業は、JR総武線各駅停車「本八幡駅」北口すぐに建設される2棟の超高層タワーマンション計画です。

本八幡駅北口ロータリーに接する商業施設「パティオ」を含んだ広大な対象地域に、北棟と南棟に分けてタワーマンションが建設され、特にJR駅に近い南棟は約160mの高さとなる超高層タワーマンションが建設されます。

本八幡駅周辺では最も高い建造物となり、駅前のランドマークとしての機能も果たします。

古い雑居ビルが集中する一帯に、地上44階・高さ約160mの南棟と地上21階の北棟の低層部には商業施設も設置され、周辺は緑地を整え街並みの整備も行います。

この計画は、JR本八幡駅北口ロータリーから駅の少し北を東西に通る幹線道路「千葉街道(国道14号線)」に至る範囲の広い再開発・まちづくり計画となり、周囲の景観が一変する大規模再開発計画です。

2027年度に着工、2030年度に完成目標とする「本八幡駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業」が完了し、本八幡駅周辺の活性化が期待されておりこの再開発一帯周辺の不動産開発・不倒産投資・住まいの情報にも注目が集まります。

鉄道3路線が利用できる便利な街:本八幡

千葉県市川市本八幡は、東京に接するベッドタウンとして千葉県内でも特に人口が多い人気の街となります。

本八幡周辺は、3つの鉄道路線が利用できる便利な地域となり、

  • JR中央・総武線各駅停車「JR本八幡駅」
  • 都営新宿線「都営新宿線:本八幡駅」
  • 京成本線「京成八幡駅」

の3つの駅が利用可能です。

市川市の代表駅は隣駅の「市川駅」ですが、この駅はJR中央・総武線各駅停車と総武線快速電車の停車駅となり、本八幡駅は市の代表駅の市川駅より多くの路線が乗り入れます。

また市川市役所の最寄駅も本八幡駅のため、本八幡駅は市川市の中心機能が集まる駅となっています。

どれかの鉄道路線が不通になった場合でも別の路線を使用して、東京都心方面へ移動が可能なため、本八幡駅は周辺は以前より人気がある街です。

2棟のタワーマンションが建設される「本八幡駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業」により、更なる街の活性化が期待されています。

【千葉県:JR総武線・京成線・都営新宿線沿線:不動産開発・住まいへの情報】






千葉県:駅前再開発・まちづくり・超高層タワーマンション計画

東京都市レポート:最新情報
NO IMAGE