CATEGORY

道路交通

東名高速・横浜上瀬谷インター(仮)計画:上瀬谷通信施設跡地至近に新たなIC設置を2030年代前半に検討

東名高速・横浜上瀬谷インター(仮)設置計画は、東名高速道路「横浜町田インター」の南、約1.5キロメートルの地点に新たにインターの設置を行う計画です。 米軍から返還される横浜市瀬谷区「上瀬谷通信施設跡地」再開発計画が横浜市で進められており、将来の周辺人口・交通量が増える見込みであることから、上瀬谷通信施設跡地至近にある東名高速の新たなインターの設置が検討されています。 上瀬谷通信施設跡地は「大型商業 […]

銀座・三愛ドリームセンターの建て替え計画:銀座四丁目交差点角地ビル・2027年度完成予定

三愛ドリームセンターの建て替え計画は、東京の中心繁華街のひとつ「銀座」に立地する特徴的な筒状のビル「三愛ドリームセンター」の建て替え工事計画です。 この三愛ドリームセンターは銀座の街の中でも特に中心部となる「銀座四丁目交差点」角地に立地しており、同じ銀座四丁目交差点角地に面する「セイコーハウス銀座(旧:銀座 和光本館)」と合わせて、銀座の象徴のビルのひとつでした。 完成から約60年が経過し老朽化が […]

首都高速晴海線延伸計画:晴海線と都心環状線との接続計画

首都高速晴海線延伸計画は、首都高速道路湾岸線から分岐する「首都高速10号晴海線」の都市高速道路延伸計画です。 晴海線は首都高速道路湾岸線の「東雲ジャンクション」から分岐し、東京の湾岸エリアを通り「中央区晴海」に至る高速道路となり、途中には「豊洲出入口」「晴海出入口」が設置されています。 2009年には豊洲出入口、2018年には晴海まで延伸し、晴海出入口が設置されましたが、その先の都心環状線に接続す […]

大崎駅西口F南地区市街地再開発:高さ149mの超高層タワーマンションが2025年度完成予定

大崎駅西口F南地区市街地再開発は、JR大崎駅西口で行われる大規模再開発計画です。 地上35階建て、高さ約149mの超高層タワーマンションを建設する計画となり、JR大崎駅西口の超高層ビル群の中に新たな超高層の建物が加わります。 再開発対象地域周辺は、古い住宅が密集するエリアとなっており、道幅も狭く防災面が心配されていました。 周辺には小学校や寺院などもあり人が集う場所ということもあり、タワーマンショ […]

東京外環自動車道「中央JCT~東名JCT」建設:東名・中央道・外環道を繋ぐ交通ネットワーク形成

東京外環自動車道「中央JCT~東名JCT」建設計画は、東京外環自動車道(外環道)を南へ中央自動車道から東名高速道路まで延伸を行う高速道路整備事業です。 外環道は関越自動車道(関越道)と交差するジャンクション「大泉ジャンクション」が運用されておりますが、外環道は更にこの大泉ジャンクションから南側の高速道路の延伸が計画されています。 途中「中央自動車道」を経て「東名高速道路:東京インター付近」までの路 […]

東京外環自動車道「中央JCT~大泉JCT」建設:中央道・関越道・外環道を繋ぐ交通ネットワーク整備

東京外環自動車道「中央JCT~大泉JCT」の建設工事計画は、東京23区の北側外環部を通る「東京外環自動車道」と「関越自動車道」を繋ぐ「大泉ジャンクション」から南へ向かい「中央自動車道」へ接続する自動車専用道路です。 現状外環道・関越道はこの「大泉ジャンクション」が終点となり、ここからは一般道で東京の各地に向かうことになります。 現状では中央自動車道方面・東名高速道路方面へは大泉ジャンクションから一 […]

JR津田沼駅南口地区市街地再開発事業:モリシア津田沼の解体・再開発計画

JR津田沼駅南口地区市街地再開発事業は、JR津田沼駅南口で行われる大規模再開発・まちづくり計画です。 JR津田沼駅の南口に立地する商業施設「モリシア津田沼」の解体を行い、跡地に大型複合施設を建設・再開発を行う計画となります。 JR津田沼駅南口再開発エリアの自治体:千葉県習志野市からは「習志野文化ホール」の再建、駅前広場、駅前広場上部のペデストリアンデッキ、敷地に隣接する都市計画道路、公共施設を想定 […]

2023年11月18日15時開通・諏訪通りアンダーパス開通:「新宿区大久保三丁目~高田馬場四丁目」

諏訪通りアンダーパス「都市計画道路補助第74号線」工事計画は新宿区大久保三丁目~高田馬場四丁目で工事が進められていた都市計画道路です。 諏訪通りはJR・西武新宿線「高田馬場駅」の南側、JR新大久保駅の北側を通る通りの名称となり、鉄道路線の高架下をくぐる構造になっていましたが、道路幅が狭く非常に危険な通りのひとつとされていました。 駅に近い立地のため、歩行者も車の行き違いも多く早急に改善を行うため、 […]

川崎市最大規模の再開発:扇島地区・東日本製鉄所京浜地区まちづくり計画

扇島地区土地利用方針計画は、神奈川県川崎市の湾岸エリアのひとつである「扇島」で稼働をしていた「東日本製鉄所京浜地区」の工場跡地を活用した再開発計画です。 東日本製鉄所京浜地区の工場・高炉の停止により使用しなくなった土地を活用し、新しい研究機関や実証実験の場を中心とした再開発が行われることになり、新しい街が川崎市の湾岸地区に誕生します。 約222haという広大な土地は川崎市内最大規模の再開発対象エリ […]

2025年春開業・広島駅へ路面電車乗り入れ:広島駅新駅ビル再開発計画

広島駅新駅ビル再開発計画は、JR広島駅南口の駅ビルの建て替え・再開発計画です。 広島市は人口100万人を超える中国地方最大の都市として、JR広島駅からJR線だけではなく広島市内各地への路面電車も発着する中国地方最大のターミナル駅です。 広島駅ビルは約100mの超高層ビルへ建て替え、ビルの2階には少し離れている路面電車「広島電鉄」の駅を直接乗り入れる注目の再開発となります。 路面電車の建物2階への乗 […]

NO IMAGE