西武線所沢駅西口再開発:超高層タワーマンション・2024年度大型商業施設完成予定

所沢駅西口再開発計画は「所沢駅西口土地区画整理事業」として、西武新宿線・西武池袋線の主要駅「所沢駅」の西口に建設されている駅前再開発計画です。

元々「西武鉄道所沢車輌工場」として車両工場機能があったこの場所が、機能移転を行ったことで生まれた駅前一等地であり、広大な土地を利用した大型集客施設を建設することが決定いたしました。

街区内の一部には超高層タワーマンションの建設を行い、既に「シティタワー所沢クラッシィ」として、2021年に完成しており、所沢駅西口のシンボルタワーとなっています。

大型商業施設は2024年度の完成予定を見込んでおり、新宿や池袋へのアクセスが良い所沢駅に多くの人が集う注目の商業施設が完成することになります。

【西武線沿線:不動産開発・不動産投資 参考無料情報サイト】


不動産クラウドファンディングFUNDROP
自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologies】
不動産投資のプロ JPリターンズの無料動画セミナー
スマホで学ぶ資産形成

所沢駅西口土地区画整理事業

再開発計画名所沢駅西口土地区画整理事業
所在地埼玉県所沢市東住吉10番(西武所沢車両工場跡地)
アクセス西武新宿線・西武池袋線「所沢駅」西口 徒歩5分
建物の階数地上7階
建物の高さ最高高さ37.40m
敷地面積約34,000㎡
延べ床面積約129,000㎡
店舗面積約43,000㎡
店舗数約150店
駐車場台数約1,700台
駐輪場台数約2,000台
工期2022年11月~2024年6月予定
開業予定2024年秋
運営主体西武リアルティソリューションズ・住友商事・住商アーバン開発
所沢駅西口土地区画整理事業:プレスリリースより

所沢駅前に建設される大型商業施設:駅前大規模再開発・まちづくり

所沢駅西口土地区画整理事業:大型ショッピングモールの外観イメージ:所沢駅西口土地区画整理事業プレスリリースより
所沢駅西口土地区画整理事業:大型商業施設屋上イメージ

所沢駅西口土地区画整理事業は、埼玉県所沢市の主要駅「西武新宿線・西武池袋線:所沢駅」西口に建設される大規模再開発・まちづくり計画です。

元々西武鉄道の「西武鉄道所沢車輌工場」として、電車の車両工場があった場所でしたが運用効率化を行い、他地域へ工場機能を移すことができた結果、所沢駅前に大きな土地が生まれることになりました。

この大規模な土地を使用して、駅前再開発・まちづくりを行う計画が進められ、街区の一角には既に超高層タワーマンション「シティタワー所沢クラッシィ」が2021年に完成しています。

大型商業施設は2024年度の完成を見込んでおり、所沢駅前の利便性が高い場所に大きな集客が可能な施設が誕生します。

先に所沢駅東口の再開発計画が完了

西武線所沢駅は駅の東西同時に再開発計画が進められており、先に東口の再開発が完了しています。

所沢駅東口の再開発計画は「グランエミオ所沢」として2018年に完成しており、多くの飲食店やテナントが入居する魅力ある施設となっています。

【公式リンク:グランエミオ所沢】

所沢市=ベットタウンのイメージの脱却

埼玉県所沢市は埼玉県の市ではありますが、東京との距離が近く西武新宿線・西武池袋線により、副都心「新宿」と「池袋」へのアクセスに優れた人気の街です。

さらに西武池袋線は東京メトロへの直通運転により、渋谷・横浜・みなとみらい・永田町・有楽町などの東京都心や横浜方面などへのアクセスにも優れています。

そのため、所沢市は「ベットタウン」のイメージが強く、特に大型の魅力ある施設が少なく「通過をする街」のイメージが長年の課題でした。

西武鉄道グループは駅前に生まれた新しい土地「所沢駅西口土地区画整理事業」により、所沢市の街の魅力と集客力のある施設を建設し、多くの人が集まる街にすることを計画しこのプロジェクトが進んでいます。

首都圏の駅前再開発計画が注目される中、埼玉県内でも人口が多く東京へのアクセスが良い所沢市の再開発・まちづくり計画は今後も注目され、魅力あるまちづくりが行われます。

【西武線沿線:不動産開発・不動産投資 参考無料情報サイト】


不動産クラウドファンディングFUNDROP
自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologies】
不動産投資のプロ JPリターンズの無料動画セミナー
スマホで学ぶ資産形成

西武線沿線:大規模再開発・まちづくり計画

西武新宿線・西武池袋線沿線では大規模再開発やタワーマンション計画が数多く進んでいます。

西武線の起点となる新宿駅や池袋駅でも大規模再開発・超高層ビル計画が相次いでおり、沿線各地の街並みが大きく変わることになります。

また西武新宿線・西武池袋線では線路の立体交差化事業も進んでおり、地域渋滞の緩和や駅前再開発計画にも注目が集まります。

東京都市レポート:最新情報
NO IMAGE