高さ110m超高層ビル建設:千代田区神田小川町三丁目西部南地区市街地再開発

千代田区神田小川町三丁目西部南地区市街地再開発は、東京都千代田区神田小川町:小川町交差点角地で行われている超高層ビルへの建て替え再開発計画です。

高さは約110mの超高層ビルとなり、小川町周辺のビルの中でも特に背の高いビルとなり非常によく目立つ建物となります。

都営新宿線「小川町駅」直結、小川町駅との乗り換え駅である「東京メトロ丸の内線:淡路町駅」「東京メトロ千代田線:新御茶ノ水駅」からすぐの場所にあり、交通の便が大変良い場所です。

高度利用と安全面から「神田小川町三丁目西部南地区市街地再開発計画」が進められていますが、同時にこの地域周辺の不動産開発、不動産投資にも良い影響を与え、千代田区小川町・御茶ノ水エリアの活性化も期待されています。

【東京都千代田区周辺:不動産開発・不動産投資 参考無料情報サイト】


不動産クラウドファンディングFUNDROP
自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologies】
不動産投資のプロ JPリターンズの無料動画セミナー
スマホで学ぶ資産形成

千代田区神田小川町三丁目西部南地区市街地再開発

計画名神田小川町三丁目西部南地区市街地再開発
所在地東京都千代田区神田小川町三丁目
対象地域約0.6ha
建物の高さ約110m
着工予定時期2024年度
完成予定時期2027年度

土地の高度利用・建物耐震化が目的とされた神田小川町の再開発計画

神田小川町三丁目西部南地区市街地再開発は、千代田区小川町交差点が進められている再開発・超高層ビル建設計画です。

約110mの超高層ビルを建設する計画となり、小川町交差点角地にありました雑居ビル一帯をまとめ、一つの超高層ビルとして整備されることになります。

千代田区内は東京都内でも特に不動産価値が高い地域であり、土地の高度利用化が注目されており、千代田区内の多くの箇所で大規模再開発が行われています。

また、神田小川町三丁目西部南地区市街地再開発の土地に面する「靖国通り」と「明大通り」は千代田区内の通りの中でも主要通りとされており、災害時の緊急道路としても指定されています。

そのため、沿線建物の老朽化により建物が道路側に崩れ、災害時に道路が使用できない状態を防ぐためにも対象地域一帯が再開発をされることになりました。

都営新宿線「小川町駅」・東京メトロ「淡路町駅」「新御茶ノ水駅」直結の場所に完成する「神田小川町三丁目西部南地区市街地再開発」は千代田区小川町・御茶ノ水周辺の中でも特に規模が大きく注目される再開発計画です。

【東京都千代田区周辺:不動産開発・不動産投資 参考無料情報サイト】


不動産クラウドファンディングFUNDROP
自己資金0円、投資未経験でもOK!失敗しない中古マンション投資なら【GA technologies】
不動産投資のプロ JPリターンズの無料動画セミナー
スマホで学ぶ資産形成

東京都千代田区:大規模再開発計画・まちづくり

東京都千代田区は都心3区と呼ばれる東京都内でも中心区として、行政・商業の中心地です。

不動産価値も当然高いエリアとして、千代田区の多くの場所で大規模再開発が行われており、再開発周辺の不動産価値も大きく上昇することが見込まれています。

特に注目される再開発は日本一の高さの超高層ビルとなる「トウキョウトーチ・トーチタワー」となり、高さは約390mとなる予定です。

東京都市レポート:最新情報
NO IMAGE